メルマガ5月16日発行分

”何気ないような一言が
人生を変えた”

そんな経験をされたことがありますか?

 

ダイエットカウンセラーを志したのは
私自身の自己肯定感が
どん底だったことがきっかけです。

太っていることが悪い
と言っているわけではありません。

 

太っていることによって

自分がみっともなく感じたり、
なんか気持ちが落ちてしまったり
人と会いたくなくなったり

そういう状態が良くない。

 

食べ痩せダイエットに出会う前の私が
まさにこんな状態でした。

最近主人と
当時のことを話していたのですが、

食事するときに美味しそうに食べない
食事の話をすると心なしか不機嫌になる
発する言葉がネガティブワードばかり

という状態だったようです。
(本当にごめんね、夫。)

 

初回のカウンセリングでは、
現状をとことん
ヒアリングさせていただきます。

その中でダイエットに対するイメージや
なぜダイエットしたいと思ったのかも
会話の中で出てきます。

 

「ぶくぶく太ってきてみっともない」

「ヤセないと健康上よくない」

「お風呂に入っているとき、子どもにお腹を笑われた」

 

そういった言葉がよく聞かれます。

こういう自分への呪いの言葉が、
少しずつ少しずつ
心をすり減らしてしまって

なんだかモワ〜っと、
目の前が暗くなるんですよね。

 

大げさですか??

私はそうだったんです。

色々気を使っていた方ではあるんですよ。
でも全然ヤセないばかりか
どんどん太っていってしまう。

本当に苦しかったです。涙

 

 

さて冒頭に書いた
”人生を変えた言葉”

私にはダイエットの師匠が2人います。

”ゼロ”努力ダイエットの
基本の食べ方をご覧になった方は

「こんなにシンプルで本当にヤセるの?」

と思いませんでしたか?

 

これに対する師匠の言葉


だってシンプルじゃなきゃ続かないじゃん!

 

旅行の前に
「旅行行ったらこのダイエットできなくなっちゃうかも、どうしよう」
と思いませんでしたか?

これに対する師匠の言葉


旅行は楽しんでいっぱい食べて!
旅行はイベントでダイエットが日常だから!

 

私にとってダイエットは

一大決心してやること決めて
苦しくひもじい思いをして取り組んで
目標体重に到達した途端に
我慢していた食欲が爆発するもの

だったのです。

 

でも師匠の言葉を聞いてからというもの、

ダイエット

という言葉が持つイメージが
大げさではなくひっくり返りました。

 

なんだ、ダイエットって

私をいじめるものではなくて

私の味方だったんだわ!

自分を大切にすることなんだ!!

 

そのときは本当に
涙が出るくらい嬉しくて

このダイエット方法に出会えて良かったー

と感謝しました。

 

と、
ここまで読んでいただいた方にとっては、

え、そんな単純なことで感動したの?

と思われるかもしれません。

 

でも、

 

傍から見ると
「なんで気づかないんだろう?」
と思えることも

自分のことは
気づかないものなんですよね。

これが、

自分事と客観視の違いなんです。

 

もし私のように
「何やってもヤセない!」
と悩んでいる方がいらっしゃればと思い
今日のメルマガを書きました。

 

解決のカギは
案外簡単で
シンプルなものだったりしますよ。

 

今一度

”ゼロ努力”ダイエット基本の食べ方と
今現在の食生活を見直してみてください。

一気に全部を完璧に変えようとしなくていいんです。

 

小さな積み重ねですよ。

 

一緒に頑張りましょう!!

 

 

関連記事

プレゼント配布中♡

友だち追加
PAGE TOP